ABOUT

どんなモノにも「物語」がある。 モノが溢れる現代で「何を買うか」という選択に煩わしささえも感じてしまう。 インターネットを通じて、容易に手に入ってしまう時代だからこそ「物語」を知ろう。 「なんとなく買う」時代から、「意味をもって買う」時代へ。 “私”をカタチ創るもの全てに、「物語」がある。